Markdownの概要

Markdown(マークダウン)は、文章の書き方です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

  • 手軽に文章構造を明示できること
  • 簡単で、覚えやすいこと
  • 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
  • それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること

などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初は Daring Fireball: Markdown で公開されました。その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。

文章構造

「文章構造」という言葉には馴染みがないかもしれませんが、じつは簡単なことです。文章には「章」や「節」といった「見出し」がありますね。また、本文には「段落」や「箇条書き」があります。こんにちのオンライン文書なら「リンク」も使われるでしょう。文章にはこうした「構造」があり、それを明示することで便利に読み書きできます。

冒頭の文章では、段落、強調、箇条書き、リンクが使われています:

Markdown(マークダウン)は、文章の書き方です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

  • 手軽に文章構造を明示できること
  • 簡単で、覚えやすいこと
  • 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
  • それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること

などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初は Daring Fireball: Markdown で公開されました。その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。

Markdownの書き方

上の文章は、次のようなMarkdown記法で書かれています:

Markdown(マークダウン)は、**文章の書き方**です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

- 手軽に文章構造を明示できること
- 簡単で、覚えやすいこと
- 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
- それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること

などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初は [Daring Fireball: Markdown](http://daringfireball.net/projects/markdown/) で公開されました。その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。

みなさんが電子メールを書くときの書き方に似ていませんか?

Markdownの代表的なルールには:

  • 段落は空行で、一行開ける
  • 強調したい部分を ** で囲む
  • 箇条書きは行頭に -
  • リンクは [] でリンクしたい文字を囲って、その直後の () の中にURLを書く

などがあります。Markdownとは、こういったルールの体系、つまり文章の書き方なのです。このようなルール(記法)に従うことで、私たちはMarkdown対応アプリの恩恵を受けることができます。

Markdownのはじめかた

Markdownは、ふつうに電子メールを書く感覚で使えます。例えば、あなたが普段の電子メールで「空行で段落を表す」「引用を> で表す」ようにしているなら、すでにあなたはMarkdownの記法を二つ知っていることになります。

おめでとうございます。あなたはもうMarkdownユーザーです。

もし興味があれば、Markdownの記法を調べてみましょう。様々な便利な機能があることが分かるでしょう。Markdown記法のページで詳しく紹介しています。しかし、最初は「段落」と「引用」だけでもいいのです。Markdownは「すべての記法を覚えなければ使えない」ようなものではありません。早速いまから「Markdownユーザー」としてMarkdownを活用しましょう。

MarkdownとHTMLの関係

Markdownは、しばしばHTMLの代わりとして使われます。HTMLを書くのは大変です:

<p>Markdown(マークダウン)は、<strong>文章の書き方</strong>です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、</p>

<ul>
<li>手軽に文章構造を明示できること</li>
<li>簡単で、覚えやすいこと</li>
<li>読み書きに特別なアプリを必要としないこと</li>
<li>それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること</li>
</ul>

<p>などです。Markdownはジョン・グルーバー(John Gruber)によって2004年に開発され、最初は <a href="http://daringfireball.net/projects/markdown/">Daring Fireball: Markdown</a> で公開されました。その後、多くの開発者の手を経ながら発展してきました。</p>

HTMLを書くときには、<p><li> といったHTMLタグをたくさん入力する必要があります。タグを打つことに注意が奪われてしまい、本来の文章作成に集中できません。ふだんの文章作成に気軽に使えるとは言いにくいですね。

MarkdownからHTMLに変換するのは簡単です。そのためのアプリが多数あります。「HTMLに出力すること」は、Markdownのもっとも一般的な活用法です。

Markdownの広がり

Markdownを書くのに特別なソフトウェアは必要ありませんから、アイデア次第で様々な活用法が考えられます。

例えばEvernoteは人気のノートアプリですが、Markdownに対応していません。それでもMarkdownでノートを書くのに支障はありません。HTMLに変換する必要があれば、Markdown対応アプリにコピー&ペーストします。ブログやCMS(コンテンツ管理システム)がMarkdownに対応していれば、そのままコピー&ペーストで投稿できます。

今日も大勢のブロガーがMarkdownでブログを書いています。大勢の企業ウェブ担当者がMarkdownでコンテンツを書いています。大勢の人々がMarkdownで日常的なメモを書いています。

Markdownの世界へようこそ!